1/2

額賀苑子「花瓶」

¥27,500 tax included

the last one

*Shipping fees are free on this item.

陶器やテラコッタを主な素材として、実体と表層、意識と無意識、ペルソナとアニマなど、相反する二つの価値観の間に生じる歪みや「ずれ」を様々なアプローチで表現し続ける額賀苑子。

これまでの発表作品で最小と言える立体作品。
生き物を連想させる表皮は、あたかも花瓶が「生き物」として生を持ち合わせたような想像力と背景にあるストーリーを連想させ、額賀苑子の新しい一面が垣間見える小作品です。

H103×W89×D38mm
2023年 陶、金彩

*箱は付属しておりません。
*別途送料がかかります。着払いにて送付させていただきます。
*お支払いの確認が取れ次第、ギャラリーよりお客様へ発送させていただきます。
*発送までは1週間ほどかかりますのでご注意ください。
*お客様のご都合によるキャンセルはお受けできません。

Add to Like via app

【額賀苑子(Nukaga sonoko)プロフィール】
1989年 神奈川県生まれ
2013年 東京藝術大学美術学部彫刻科卒業
2015年 東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻修士課程卒業
2011年 久米桂一朗賞 受賞
2013年 安宅賞 受賞、「New Artists 2013」Gallery Jin Projects(東京)
2014年
「Art jam 2014」Gallery Jin Projects(東京)
「ジ・アートフェア +プリュス - ウルトラ 2014」スパイラルガーデン(東京)
2015年
アートアワードトーキョー丸の内 審査員:建畠晢賞 受賞、杜賞 受賞
「ジ・アートフェア +プリュス - ウルトラ 2015」スパイラルガーデン(東京)
「アートアワードトーキョー丸の内 2015」丸ビル 1 階マルキューブ(東京)
「Duet series vol.3 額賀苑子・天明里奈二人展」Gallery Jin Projects(東京)
「3331 アートフェア 2015 - Various Collectors' Prizes -」3331 Arts Chiyoda(東京)
2016年
個展「not clear」Gallery Jin Projects(東京)
「3331 アートフェア 2016 」3331 Arts Chiyoda(東京)
2018年
「九転十起生 - 広岡浅子像」大同生命保険株式会社 大阪本社ビル(大阪)
「陶×藝×術」FEI ART MUSEUM YOKOHAMA(神奈川)
2019年
「内包された温度」東京藝術大学大学美術館(東京)
個展「紗のむこう」Hideharu Fukasaku Gallery Roppongi(東京)
2020年
TAGBOAD AWARD 特別審査員賞 小山登美夫賞 受賞
2021年
個展「景色の手ざわり」石川画廊(東京)
2022年
北村早紀、額賀苑子二人展「 」MIDORI.so 馬喰横山(東京)
Sonoko Nukaga solo exhibition「鏡の膜」ART FOR THOUGHT(東京)
他多数

【額賀苑子(Nukaga sonoko)Instagram】
https://www.instagram.com/nukegechang/

  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥27,500 tax included

Free shipping fee

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品